半固形剤用いた「経管栄養法」とマッチしない 1年の算定期限に対する疑問の声多数

アンケート結果

大阪府保険医協会地域医療対策部は、在宅半固形栄養経管栄養法と認知症診療に関する実態を把握するための会員医療機関向けアンケートを行い、4月20日~5月10日の期間中に201件の回答を得ました。回答には、在宅半固形栄養経管栄養法指導管理料に設けられた1年の算定制限について疑問を呈する声や、認知症診療を巡る多職種連携について、患者だけでなく家族へのサポートを求める声が多数集まりました。以下、アンケート結果を掲載します。

 在宅半固形栄養経管栄養法と認知症診療 アンケート結果


ページ上部へ戻る