インタビュー「保健師が多いとコロナ罹患率は低下」

大阪保険医新聞 2022年6月5日号

5月10日に奈良県立医科大学県民健康増進支援センターの研究グループが「人口当たりの保健師数が多い都道府県は、新型コロナウイルス感染症にかかる人の割合が低い」との研究結果を明らかにしました。そこで、研究を行った同センター特任准教授の冨岡公子氏にオンライン取材を行い、お話を伺いました。

聞き手は大阪府保険医協会副理事長の高本英司氏です。

 保健師が多いとコロナ罹患率奈良県立医科大学 冨岡公子特任准教授に聞くは低下」 大阪保険医新聞 2022年6月5日号


トピックス

ページ上部へ戻る