2019年2月(629号)


特集:「応召義務」再考―いま患者とのトラブルにどう対応するか―
テキスト:最近の健康食品の現状と問題点、薬物との相互作用について

目次ダウンロード

診療はどんな場合も拒めないのか―長年の相談活動を通じて言えることは何か
患者トラブル解決に向けたフローチャート
呪縛に囚われやすい「応招義務」を今どう理解しておくべきか
「応招義務」の歴史的考察
医療トラブル学の開祖・山崎佐

ページ上部へ戻る