カテゴリー:保険医新聞

  • 斎藤緑雨

    作家寄席集め 第8回 斎藤緑雨/恩田雅和 「明治二十三年八月二十二日」の日付を入れ、「正直正太夫死す」と読売新聞に自身の別号による死亡広告を出したのは、作家の斎藤緑雨(1868~1904)でした。時に22歳、その別号で「小説八宗」など発表し、文壇進出まもない頃でした。 この一…
  • おさらい 入・退院時の算定漏れ 患者が安心して在宅療養するために

    在宅患者の急性増悪などにより、緊急入院が必要となる場合があります。患者が回復し、退院後に再び在宅医療を提供することも多々あるかと思います。今回は在宅患者の入・退院時における療養環境の整備などを評価した点数を紹介します。 保険診療 虫めがね No.46 診療情報提供…
  • 辺野古米軍基地の建設は中止を!「あきらめない・くじけない・ぶれない」沖縄の民意

    沖縄辺野古米軍新基地建設の是非を巡る県民投票の結果が出た。有権者総数の52%強が投票所に足を運んだ。先の県知事選で玉城デニー氏が獲得した票数を上回る、新基地建設反対の意思が72%の圧倒的多数で示された。 今回の県民投票の意義は、米軍基地を作らせない、普天間基地の撤去、辺野古の自…
  • No.44 介護保険の訪問リハビリテーションについて

    保険医療機関は介護保険の訪問リハビリテーションを実施できるか。 保険医療機関は自ら辞退しない限り、みなしの介護事業所として指定を受けているため、理学療法士等が行う介護保険の訪問リハビリテーションを実施できます。 介護保険の訪問リハビリテーションを実施するためには、当該事業所の…
  • 民主主義が問われる政治の在り方 沖縄県民投票と「都構想」の是非 違いは明白

    本紙が会員読者のお手元に届く頃には沖縄県民投票の結果が明らかとなっているはずである。 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設の埋め立ての賛否を問う県民投票で、選択肢を3択にする条例改正案を県議会が全会一致で合意した。賛否のほか「どちらでもない」を加えた3択となったことで、不参加を表…
  • 暗峠奈良街道と玉造、猫間川跡周辺を辿る

    先人の足跡 No.150(東成区・天王寺区など) 大阪案内人 西俣 稔 [caption id="attachment_6173" align="alignright" width="225"] 八阪神社前の「暗越奈良街道」道標[/caption] 前回の八阪神社の参…
  • 腹話術

    作家寄席集め 第7回 腹話術/恩田雅和 落語の専用小屋である天満天神繁昌亭の昼席では、落語以外の芸(色物)を毎日必ず2席入れます。 色物といいますと、漫才、浪曲、マジック、太神楽、紙切りなどさまざまにありますが、これらはみな落語の間に挟まって、要はお客さんにより落語に集中して…
  • 選挙イヤーの2019年、絶好のチャンスと捉え投票に行こう

    1月28日から150日間の通常国会が始まった。6月26日の閉会予定まで緊張感をもって与野党の実のある論戦と政権の真摯な答弁を期待する。 新年を迎えた早々から「医師の働き方改革」で、残業2000時間までなら可能という、目を疑う厚労省「改革」案が提起された。いよいよ医師を奴隷か家畜…
  • 被保険者の資格確認の徹底を

    保険診療 虫めがね No.45 返戻にも毅然とした対応が大切 協会会員医療機関からの問い合わせにおいて「最近『資格なし』の返戻が来たがどう対応したらよいか」という相談が多くなっています。 基本的なことですが、療養担当規則第3条「保険医療機関は、患者から療養の給付を受ける…
  • No.43 医師による居宅療養管理指導費

    医師による居宅療養管理指導費はどういった場合に算定できるのか。 在宅の利用者であって通院が困難な方に対して、指定居宅療養管理指導事業所の医師が、居宅を訪問して行う計画的かつ継続的な医学的管理に基づき、ケアマネジャーに対してケアプランの策定等に必要な情報提供並びに利用者又は家族等…
ページ上部へ戻る