カテゴリー:保険診療 虫めがね

  • 「妊婦加算」から患者一部負担金を再考する

    保険診療 虫めがね No.43 今回の保険診療虫めがねでは、巷で話題の「妊婦加算」の確認とともに、患者一部負担金について再考します。 18年診療報酬改定で新設された「妊婦加算」を巡り、厚生労働省は11月2日付で「妊娠中の健康管理及び妊婦加算の周知について」とする通知を都道…
  • 「特別の関係」の算定制限緩和を確認する

    保険診療 虫めがね No.42 2018年の診療報酬改定では「特別の関係」の規定について一定程度の緩和がされました。今回は、この「特別の関係」の規定のおさらいと変更点を確認します。 ❖「特別の関係」とは 診療報酬点数表には、診療情報提供料をはじめ、地域の医療機関の連携を…
  • 生保個別指導においての選定基準の例

    保険診療 虫めがね No.41 生活保護医療(医療扶助)に関する個別指導は府知事または政令市・中核市の市長が実施することとなっており、自治体ごとに要綱を定めて実施しており、方法も違いがあります。今回は、対象の多い大阪市の例を紹介します。 対象は、生活保護医療扶助の指定を受…
  • 生活保護不当減点 潜む“保険給付範囲の縮小”の狙い

    保険診療 虫めがね No.40 近年では超格差社会が出現し、問題視されるようになってきました。 低・中所得者層には増税がされ、さらには消費税の負担が重くのしかかっています。年金、健康保険、介護保険の保険料は引き上がる一方で、年金の給付開始は65歳以降に延ばされ、給付額は引…
  • 適時調査の最近の事情

    保険診療 虫めがね No.39 平成30年度診療報酬改定への対応もひと段落した頃かと思います。 7月の近畿厚生局指導監査課への定期報告が求められる医療機関では無事、報告が済みましたでしょうか。 今回の保険診療虫めがねでは、近畿厚生局指導監査課による適時調査について、この…
ページ上部へ戻る