感染性胃腸炎の注意点と予防法(1月17日放送)

放送日:2020.1.17(金)

今週は、ノロウイルスなどが原因で発症する感染性胃腸炎への注意点と予防法・対策を、大阪府保険医協会副理事長の宇都宮健弘氏に伺います。

感染性胃腸炎

ノロウィルスなどの微生物を原因とする胃腸炎。
一年を通じて発生するが、冬場にピークを迎える。
感染すると24時間~48時間で下痢・吐き気・嘔吐・腹痛・発熱などの症状が出る。

感染性胃腸炎の予防法
  1. うがい、手洗いをしっかりする
  2. 乾燥を防ぐために、水分をこまめに補給する
  3. 二枚貝を調理するときは、中心までしっかり火を通して食べる

 

コーナーへのご意見・ご感想は
 〒650-8580
 ラジオ関西「寺谷一紀のまいど!まいど!」
 「寺谷一紀の医療どぉ~ナル!」係

メール:maido@jocr.jp  FAX:078-361-0005

毎月抽選で5名様に大阪府保険医協会オリジナルQUOカードをプレゼント!
 

ページ上部へ戻る