【未入会員受講可】褥瘡の診断・予防・治療(会場50名/ウェビナー)

地図を読み込んでいます...

日時
2021年10月23日
2:00 PM - 4:00 PM

場所
M&Dホール
大阪市浪速区幸町1-2-34 大阪府保険医協同組合会館 5F


※特に表記が無い場合、会員医療機関様対象となります

  • 日時 2021年10月23日(土) 午後2時~4時
  • 会場 M&Dホール ※会場定員50名(WEB参加可)
  • 講師 星ヶ丘医療センター 皮膚科部長 立花 隆夫 氏
  • 申込 申込フォームまたはFAXで、担当:牧野/吉田/大瀧まで
  • 主催 内科部会

※医療安全管理対策講習会(WEB参加者も対象)
※府医「生涯研修制度」対象予定 です(2単位、コード 11、19、58、80 )
※メディカルスタッフの方にもご参加いただけます
マスクをご着用ください。また体調不良などございましたら参加をご遠慮ください。

講演概要

褥瘡の多くは詳細な問診、視診、触診によって診断できる。褥瘡の減少に伴い、DTI (deep tissue injury:深部損傷褥瘡)やMDRPU(medical device related pressure ulcer:医療関連機器圧迫創傷)が注目を集めている。リスクアセスメントスケールとしてブレーデンスケール、褥瘡発生危険因子などが用いられている。また、創部アセスメントツールのDESIGN®を用い創状態を正しく評価して治療するが、その基本はwound bed preparation(創面環境調整)とmoist wound healing(湿潤環境下療法)であり、褥瘡を急性期とそれ以降の慢性期に分けて対処する。

10月内科研究会 申込

FAXでのお申し込みはこちらをクリック


会場参加Web参加




医師会会員です医師会未入会です

不要
不要


ページ上部へ戻る