第132回評議員会 記念講演

地図を読み込んでいます...

日時
2021年02月06日
4:30 PM - 6:00 PM

場所
M&Dホール


※特に表記が無い場合、会員医療機関様対象となります

  • 日時 2021年2月6日(土)午後4時30分~6時
  • 場所 M&Dホール ※会場定員50名 Web参加可
  • 申込 担当:一谷まで(申込締切は1/20 午後5時)

※マスクをご着用ください

紛争地、被災地からの声を伝える ※オンライン講演に変更

【変更事項】
安田菜津紀氏に来阪いただく予定でしたが、緊急事態宣言のためオンライン講演に変更になりました。当日、M&Dホールではスクリーンで投影します。著書は販売しますがサイン会は中止します。ご了承ください。会場参加をお申し込み頂いた方でWEB視聴に変更される方はご連絡(メールまたは電話 06-6568-7721)ください。

安田 菜津紀 氏

フォトジャーナリスト
NPO法人Dialogue for People副代表
安田 菜津紀 氏

戦争が9年以上続いてきたシリア。国内外で多くの人々が避難生活を続けています。果たしてそれは、海の向こうの、自分たちとは遠い問題なのでしょうか?東日本大震災で被災地となった岩手県陸前高田市で出会った人々のある行動が、シリアと日本をつなげてくれたことがありました。現地の写真と共に、私たちに今、何ができるのかを考えたいと思います。

やすだ なつき氏 プロフィール
1987年神奈川県生まれ。NPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル/D4P)所属フォトジャーナリスト。同団体の副代表。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中


ページ上部へ戻る