No.52 10月1日からの消費税増税による酸素の価格の取扱い

10月1日からの消費税増税で酸素の購入価格が変わったが、改めて酸素の購入価格を厚生局へ届出しないといけないか。

10月1日からの酸素価格の変更に伴う近畿厚生局への届出は不要です。ただし、2020年4月1日以降の請求については、2020年2月17日までに近畿厚生局への届出が必要となります。

10月1日からの消費税増税により、診療報酬上定められている酸素の単価の上限は変更されたか。

以下のとおり変更されました。

※上記価格を上限とし、購入価格がこれを下回る場合は購入価格によって算定します。ただし、離島等における特別な事情の場合であって、購入単価が上記単価を上回る場合は購入単価より算定します。

2020年2月17日までに行う届出について、本年9月30日までの酸素は消費税8%で購入しているが、届出の際の計算式はどのようになるのか。

本年9月30日までに購入した酸素の単価についても、その酸素の単価に108分の110を乗じて得た額(1円未満四捨五入)を購入対価として計算し、届出します。計算式は以下のとおり。

(※1)1円未満の額を四捨五入した額
(※2)1銭未満の額を四捨五入した額
(※3)酸素の摂氏35 度、一気圧における容積(単位 リットル)


ページ上部へ戻る