特定疾患処方管理加算1(18点) と2(66点) の違いは何か。

どちらも特定疾患が主病である患者が対象ですが、1は薬剤を処方した時に月2回算定できます。2は特定疾患に対する薬剤が28日以上処方されている場合に月1回算定できますが、1と2は同月に併算定は出来ません。

特定疾患処方管理加算は初診日でも算定はできるのか。

特定疾患処方管理加算は初診日であっても算定できます。なお医学管理の特定疾患療養管理料は初診日から1カ月を経過していないと算定できませんので注意が必要です。

特定疾患処方管理加算2に関して、特定疾患に対する外用薬が28日分以上処方されている場合でも算定できるのか。

投与する薬剤に関しては、内服薬には限りませんので特定疾患に対する外用薬を28 日分以上処方した場合でも算定できます。

一人の患者に対して、同一日に院内処方と院外処方の併用は認められるのか。

一人の患者に対して、同一日に院内処方と院外処方の併用は原則認められませんが、緊急やむを得ない理由がある場合は併用が可能です。その場合はレセプトの摘要欄に併用した日付と理由を記載します。

緊急やむを得ない理由とはどのような場合か。

普段は院外処方を行っている患者に対して、急病等の理由により院内で投薬した場合や普段は院内処方をしているが、医療機関に常備していない薬を臨時的に院外で処方した場合等が該当します。

緊急やむを得ない理由が生じ同一日に院内処方と院外処方が併用になった場合に処方箋料、調剤料、処方料、薬剤料、調剤技術基本料はすべて算定できるのか。

処方箋料と院内投与に係る薬剤料は算定できますが、処方料、調剤料、調剤基本技術料は算定できません。 

ページ上部へ戻る