No.1 初・再診料 妊婦加算


①妊婦であることはどのように確認すればよいのか。

妊婦加算は、医師が診察の上、妊婦であると判断した場合に算定可能であり、必ずしも妊娠反応検査の実施や母子健康手帳の確認は必要ではありません。(平成30年3月30日厚労省事務連絡より)

②どの診療科でも算定できるのか。

算定できます。

③診察時には妊婦であるかが不明であったが、後日妊娠していることが判明した場合、遡って妊婦加算を算定することは可能か。

診察の際に、医師が妊婦であると判断しなかった場合には、算定できません。(平成30年3月30日厚労省事務連絡より)

④妊娠に直接関連しない傷病(感冒等)について診察を行った場合にも算定できるか。

算定できます。

⑤妊婦加算の算定に当たっては、届出は必要か。

届出は不要です。

⑥妊婦加算の算定に当たっては、カルテにはどのような記載が必要か。

当該患者が妊婦であると判断した旨の記載が必要です。(平成30年3月30日厚労省事務連絡より)

⑦妊婦加算の算定に当たっては、レセプトの摘要欄にはどのような記載が必要か。

当該患者が妊婦である旨の記載が必要です。

⑧妊婦加算は以下の場合算定できるか。
1.同日再診 2.電話再診 3.2科目再診

1,2は算定できます。3は算定できません。

ページ上部へ戻る