カテゴリー:透視

  • 安倍内閣は国民の負託に耐える内閣か―檻の中のライオンは檻の中に

    「檻を破ったライオンのリーダーが、19頭のライオンを引き連れて街に出没し、乱暴狼藉に及んでいる。近隣の住民は恐ろしくて外出できず、じっと息をひそめて、捕まるのを首を長くして待っている。残念ながら警察も怖気づいてか、忖度してか、様子見しているだけだ。さらに悪いことが重なって、他の動…
  • 無給医問題について 国と大学の責任を問う

    マスコミによって大学病院における無給医の問題が報じられ、大学に対していびつな労働慣行の是正が求められている。ところで、今から50年以上前に、医学生・医師の側から研修制度や無給医についての改善要求運動が日本全国に拡がっていったことについてマスコミは触れていない。 文部科学省は20…
  • 次期診療報酬改定で初診料30点 再診料5点のアップは必要

    2020年度診療報酬改定に向けて政府の審議会等で社会保障費を抑制するため診療報酬を大幅に削減しようとしています。2002年以降の9回の改定中、実に7回がマイナス改定で、診療報酬は累計で10%引き下げられています。 診療報酬の引き下げ以外にも、①75歳以上の窓口負担2倍化、②外来…
  • 高額薬剤の薬価―原価算定の透明化と算定方式の見直しを

    本年5月に開催された中医協で、CAR-T細胞療法に用いるノバルティス社のキムリア点滴静注の薬価が、過去最高の1患者当たり3349万3407円で了承された。対象となる疾患は急性B細胞系リンパ性白血病とびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)で、国内治験で1回点滴の全寛解率が82…
  • 頼りになる協会の共済制度 会員の生活と経営を守る「二本柱」

    まだ記憶に新しいが、先般金融庁の審議会が「老後に必要な蓄えに関する提言」を報告書にまとめた。特殊なモデルケースとは言え、95歳まで年金だけで老後を過ごすのであれば2000万円の蓄えが必要とした。財務大臣の会見で報道されるや否や社会に大きな波紋を呼び、大問題へと発展した。と同時に毎…
  • 選挙イヤーの2019年、絶好のチャンスと捉え投票に行こう

    1月28日から150日間の通常国会が始まった。6月26日の閉会予定まで緊張感をもって与野党の実のある論戦と政権の真摯な答弁を期待する。 新年を迎えた早々から「医師の働き方改革」で、残業2000時間までなら可能という、目を疑う厚労省「改革」案が提起された。いよいよ医師を奴隷か家畜…
  • 公正公平な住民本位の政治を望む「外国人労働者受け入れ」法案の強行採決は止めよ

    自民党総裁選で辛うじて石破氏を破り3選を果たした安倍首相は10月に内閣改造を行った。不祥事続きの財務省トップに麻生氏留任が早々と決まり〝お友達内閣〟の顔触れが公表されたが、毎日新聞調査では「期待が高まった」は8%に過ぎなかった。 10月24日に臨時国会は開会され、今後3年間の総…
  • 医療問題と政治は直結している今「保険医運動」の在り方とは

    猛暑の夏、お盆休みに旅行する会員諸氏も多いだろう。車で海や山に出かけ、宿泊所で束の間の休暇を楽しむ人もいると思う。中には家族サービスでかえって疲れるという人もいるだろうか。ところで、車のモデルチェンジは日頃CMなどで見聞きするものである。また有名老舗旅館やホテル、あるいはレストラ…
ページ上部へ戻る