7月末廃止予定のコロナ特例加算9月末まで延長に!—保険医協会の延長要請実る

9月末まで延長が決まる   コロナ算定チャートも公開中

 新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その72) 【事務連絡 令和4年7月22日】

  • 二類感染症患者入院診療加算(外来)250点
    ※医学的に初診といわれる診療行為がある場合
  • 電話等による診療(臨時的取扱)147点
    ※診療・検査医療機関が「重症化リスクの高い自宅等療養患者」に新型コロナに係る電話等診療を行った場合に算定できる点数

大阪府保険医協会は、今月末で廃止予定の上記2つの加算について、取り扱いの継続を求める要請を行いました。そうした運動を行った結果、特例加算の算定が9月末まで延長されることとなりました。

なお、大阪保険医新聞7月25日号では、7月21日(木)時点の情報をもとに加算廃止の問題点を訴える報道を行っており、すでに印刷の段階に入っています。先生方のお手元に届くころにはすでに延長が決まっております。

 新型コロナウイルス感染症対策に係る診療報酬上の臨時的取扱いの継続を求める要請 【2022年7月20日】


トピックス

ページ上部へ戻る