No.30 退院後の在宅管理


退院時共同指導料1を算定した場合、併せて算定できないものは何か。

初診料、再診料、外来診療料、開放型病院共同指導料(Ⅰ)、往診料、在宅患者訪問診療料は算定できません。

退院時共同指導料1を算定した場合、実日数に数えるのか。

医師が赴いて算定した場合は、実日数に数えます。初診の場合は診療開始日も退院時共同指導料1を算定した日となります。 

退院時共同指導を行った際に、退院後に訪問する日を計画し、患者の同意を得た。退院後の初日の訪問は、往診料か在宅患者訪問診療料か、どちらで算定

計画的な訪問となるため、在宅患者訪問診療料で算定することが可能です。

退院時に入院医療機関で在宅自己注射指導管理料など在宅療養指導管理料が算定されていた場合、退院後に在宅療養を担う医療機関でも在宅療養指導管理料が算

退院後に在宅療養を担う医療機関においても要件を満たせば、同月内であっても在宅療養指導管理料は算定できます。この場合、医療機関が変更となった旨等、摘要欄に理由を書くこととされています。

退院時に入院医療機関が退院時処方を行っているため、当月に在宅療養を担う医療機関で処方が行われなかった場合、在宅時医学総合管理料の処方せん未交付加算は算定できるか。

在宅時医学総合管理料を算定する医療機関で当月において処方がない場合は、処方せん未交付加算は算定できません。

関連記事

  • 書籍販売
  • facebook
  • 大阪府歯科保険医協会
  • 大阪府保険医協同組合
  • オンライン共同購入
  • [大阪府下]医療継承/開業支援サイト
  • 保険医休業保障共済保険
  • 保団連/健康相談サイト
ページ上部へ戻る