第7回日常診療経験交流会 演題募集中


人を診るということ~いまとこれからの課題~

日時 6月11日(日)午前10時~午後5時
会場 大阪国際交流センター [地図]

開催要綱

【午前10時~ 分科会(演題募集中)】

①医薬連携
②外来診療の工夫
③在宅医療と介護
④その他(自由テーマ)
⑤ポスターセッション

【午後1時15分~ 記念講演】

 「医療におけるAIの現状と今後の展望」
  講師 帝京大学医療情報システム研究センター教授 澤 智博 氏

【午後3時~ シンポジウム「地域医療における医薬連携」】

 ◆シンポジスト

今村 育男氏(医師・摂津市・千里丘協立診療所)
山本 新一郎氏(薬剤師・岸和田市・山本保健薬局)
冨地 信行氏(薬剤師・堺市・一休薬局)

 ◆コーディネーター

嶋田 一郎氏(医師・堺市・嶋田クリニック)

 

分科会・ポスタ-セッション演題募集(締切:4月30日)

分科会の演題を募集します。4つのテーマ(医薬連携、外来診療の工夫、在宅医療と介護、その他)を設け、日常診療における様々な工夫や研究成果について発表していただきます。医師はもちろん、スタッフ等による共同研究の発表も可能です。

下記の募集要綱をご確認の上、メールフォームまたはFAXにてご応募ください。先生方のご応募をお待ちしております。

募集条件(要約)
  1. 発表者は会員または会員との共同研究者とします。スタッフ等による共同研究の発表も受け付けます。1医療機関の演題数の制限はありません。
  2. 応募は先着順に受け付け、審査等は行いません。日常診療への工夫など普遍化できるもので、次の4点をふまえた内容でお願いします。
    1. 日常診療の向上につながること。
    2. 日常診療を行う上で対応できないものや疑問を生じさせないこと。
    3. 上記a、bの観点にそって医科開業医の学問的にも、また一般常識からみても良識の範囲内であること。
    4. 会員の研究であっても、内容が営業活動に通じると実行委員会で判断したものは受け付けできません。
  3. 発表形式はポスターセッションを除き、PowerPoint(液晶プロジェクタ-使用)、 スライド、ビデオのいずれかとし、それ以外は別途相談に応じます。なお、使用するパソコンは持ち込みではなく、原則データメディアを事前にご送付いただきます。
  4. 発表時間は1演題20分(15分発表、質疑5分)です。

募集締切:2017年4月30日(日)
分科会・ポスターセッション演題募集要綱(pdficon_smallPDF形式)

bn-moushikomi

関連記事

  • 書籍販売
  • facebook
  • 大阪府歯科保険医協会
  • 大阪府保険医協同組合
  • オンライン共同購入
  • [大阪府下]医療継承/開業支援サイト
  • 保険医休業保障共済保険
  • 保団連/健康相談サイト
ページ上部へ戻る