「令和2年度指導監査」事務連絡発出 集団的個別指導・適時調査は中止に

7月2日に厚労省保険局医療課医療指導監査室は地方厚生(支)局医療課宛に「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言解除に伴う指導・監査等の取扱いについて」の事務連絡を発出しました。

事務連絡では令和2年度の指導監査等について、新型コロナウイルス感染症が依然収束したとは言えない状況にあるとして、今年度の集団的個別指導や適時調査を中止することとしています。

しかし、保険医協会が訴え続けてきた「高点数を選定理由とした個別指導の中止」については言及されていません。 保団連近畿ブロックでは会員の先生方のご意見をいただき、今年度の指導・監査計画について緊急要望書を提出する予定です。先生方の更なるご意見を保険医協会までお寄せください。

【令和2年度指導監査等「事務連絡」(一部抜粋)】
(1)指定時、更新時及び保険医等集団指導

実施するが、資料を配付した場合も 実施したものとみなす。

(2)集団的個別指導

中止する。

(3)個別指導

実施する。ただし、病院に対しては緊急を要する場合のみとし、実施する場合も病院外で行う。

(4)監査

実施する。ただし、病院に対しては緊急を要する場合のみとし、実施する場合も病院外で行う。

(5)適時調査

中止する。ただし、緊急を要する場合は、病院外で実施する。


ページ上部へ戻る