医療の不確実性に対するツール:臨床疫学日常診療に役立つ臨床疫学~検査結果を読み解く~

地図を読み込んでいます...

日時
2019年09月17日
2:30 PM - 4:00 PM

場所
住吉区民センター


※特に表記が無い場合、会員医療機関様対象となります

今回の住吉・住之江支部学習会は、兵庫医科大学臨床研究支援センター 副センター長の森本 剛先生をお招きし「臨床疫学」をテーマに開催いたします。

日常診療に役立つ臨床疫学の基礎を中心に、予防医療の有用性や適用を考える上で必要になる、日常診療における不確実性の取り扱い方についてご講演いただきます。また、検査結果を読み解くために必要なエビデンスの質や定量的な考え方についてもお話しいただく予定です。

  • 日時 9月17日(火)午後2時30分~午後4時
  • 会場  住吉区民センター・2階集会室4(大阪市住吉区南住吉3丁目15-56)
  • 講師 兵庫医科大学 臨床研究支援センター 副センター長 森本 剛 氏
  • 申込み FAXで担当・肥後まで
  • 主催 住吉・住之江支部

※ 府医「生涯研修制度」対象予定です


行事案内

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る